テンプレートな個性ですが。

働きながらバンドやってる人がなんか言ってるブログ。ロック、コーヒー、本、とか。

抽選式ひとりカラオケのススメ ~導入編~

ハロー!mottzです!

 

なんかいろいろあって仕事も続けられそうなので

不労所得とか言ってないで真面目に働けって感じの最近です🗽

しかしblogはせっかく始めたので

これからは気楽にいろんな事を書こうかなって😽

そう、節操なく!節操なくね!笑

 

 

と、ゆーわけで今回は

私の孤高の趣味である『ひとカラ』について

普通より100倍楽しめる方法を伝授します💁

節操なくね!笑

 

 

■抽選式にすると楽しい!!

 

ひとカラの最大の魅力は

「この曲誰も知らないな…」とか

「流れ的にバラードじゃないな」とか

その他もろもろの空気を全く読まずに

自分の好きな曲を好きなだけ歌えるところですね!

 

しかしながら、どうしても歌う曲が偏るのも事実。

 

反面、誰かとカラオケに行くと稀に

「あ、そんな曲あったねえ!」とか

「わーこのバンド懐かし~!同じ時期セットでこれもいたよね」

とかいう感動の再開がありえます。

 

そこで気付いたのです。

自分の歌える曲をかたっぱしからリスト化して

くじで引くと楽しい!!!!

という事を笑

 

普段歌わない曲も組み込めるどころか

自分の意志じゃないから、

誰かからリクエストされた気分にすらなれます!笑

 

とてもオススメ✌

 

 

■STEP1 時代はスマホアプリ

 

まず最初に試みたのは、

スマホアプリのくじ引きを使う方法です。

 

アプリをインストールしてひたすら曲名を入力。

私はわりと狂信的なGLAYファンなので

まずはGLAYの曲でリスト作成を試みます。

ネットで探せばお気に入りの機種の曲目がすぐ出てきますので

それを参考にあいうえお順で作ります。

 

ところが思わぬ障害が。

 

だいたいどのアプリも

途中までくじを引いた状態を保存できない!!

ので、1度アプリを落としてしまうと

同じ曲を引いてしまう可能性が!!

 

これはダメ。ダメウーマン。

致し方ないので、引いたくじの曲名を都度削除していきましたが…

それだとせっかく作ったくじ箱が毎回作り直しになる!!

なんて非効率。効率大事。

効率を無視していいのは芸術家と職人だけ。

 

実は抽選状況を保存できるアプリも

この時点で見つけてはいたのですが、

そちらは数字のランダム抽出しかできず

曲名が入れられないため

一旦この方法は断念したのです😖

 

 

■STEP2 昭和生まれは黙ってアナログ

次にアナログ式を試みました。

 

100均のおもちゃ売り場にある書き込める式の抽選くじと

適度な大きさでポケットがついたポーチを買って

ひたすら曲名を書いてポーチに入れる→

引いたやつはポケットに入れていくという方式です。

 

MacBook Pro広げてるノマドワーカー様に混じって

ひたすらTully'sで抽選くじの準備。笑

 

しかし100枚ぐらい書いたところである気付きが。

字書くのめんどい。笑

 

わたし昭和生まれだけど

小学生の頃からPCあったし

中学生の頃はみんなケータイもってたし

仕事もほとんどPC入力だし

些細なメモ書きしたやつすらデータにして紙は速攻捨てるから

普段から走り書き走り過ぎてるし…

時間経ったら自分でも読めないから

なるはやで入力するレベルだし…

 

 

 

あと実際に使う時のことを想像したらダメですね。

まずかさばる。

あとカラオケ屋で1人でくじ広げてる感じ割と謎だし恥ずかしい。

 

物事始める時着地考えて始めるのが普通の社会人なんですけどね。

まあその辺りはバンドマンだからってゆーことで言い訳しておこう

 

 

うーんやっぱり文明の利器は頼るべき。

新しい文明が出るとそれ以前には戻れないの。

時間が遡らないのと一緒でね👴

 

 

■答えは最初に出ていた

 

かくなる上はexcelを使おう!

曲リストさえ作っちゃえば、

あとはRANDとRANK使って並べれば

抽選の雰囲気は出ないけど

とりあえずランダムに並べる事はできるぞ!!

最初の1回目でもう全部決まってる感出てワクワクさは減るけども!

この際これが1番の方法なはず!!!!

 

と思った所で思い出したのです。

そう、STEP1で見つけていた、

唯一状態保存ができるこのアプリ。

 

数値抽選

数値抽選 - Google Play の Android アプリ

 

 

これを最初に見かけた時はこう思っていました。

 

ひとカラは回転率が高いから…

くじを引く→

GLAYだけでも300ぐらいある曲リストからその番号を探す

のはとても億劫…だし、

探してる間にDAMチャンネルとか流れたら萎える。

やっぱこうゆうのはテンポ感が大事なのよね🙀

 

と。 

 

 

excelでvlookupじゃん!!!!!!

excelで!!!!!!!

vlookupじゃん!!!!!!!!!

 

 

※一応解説を入れると、

RAND:

作ったリストにランダムで数字あてるやつ。

でもファイル閉じて開く度ランダムなので、

同じ曲が1番になる可能性がある。

 

RANK:

1回つくったランダム数字をランク順にしてくれるやつ。

これでランク付けしたやつを値で貼っとくと

何回開いても同じ順番でデータ見れる。

 

VLOOKUP:

ここに35番って入力したら

35番の曲名ここに出してねってやつ。

 

 

 

数字で抽選してvlookupですよ!

もう気が付いた瞬間にスマホ揺れるぐらいexcel編集。

充電ねえ。ふざけんな。

 

 

で、実際できあがったのがコチラ

 


f:id:mottz-sgt-pepper:20170823204701j:image

 

赤いところに抽選した数字を入れると

黄色いところにその番号が降られた曲名が出てくる仕組みですね😇

 

これであれば

  • 状態の保存
  • 手軽さ
  • 速さ
  • ワクワク感

全て補えます!!

 

 

 

これは素晴らしい!マーベラスだ!

仕事中サボってるふりして

excelハウツーのブログばっか見てた

2年ぐらい前の自分good job!

あでも仕事に使えない関数ばっか見てたから結局サボってたわ!笑

 

 

■とゆうわけで

次回より誰も得しない

抽選式ひとりカラオケのススメ~GLAY編~

を実況形式でお届けします。

 

もう完全にblogで稼げる練習しようとかどっか行きました笑

好きに生きようぜ、好きにな!笑

 

中島みゆきにとてもよく合う漫画家3選

ハロー!

結構な頻度で財布の中身が1000円以下です。mottzです。

 

 

説明文に

ロック、コーヒー、本、とか

って書いてるくせに、最初に取り扱うアーティストが

ロックバンドじゃないところが何とも言えませんが

気にせず書き進めます笑

 

 

ワインにはチーズが、ビールには枝豆がよく合うように

音楽にもそれに合うおつまみがあるんです。

 

 

クラシックには紅茶が合うし、

演歌には赤ちょうちんが合うし、

レゲエには太陽が合う。

 

 

と、ゆーわけで今回は

中島みゆきにとても良く合う漫画家

について好き放題喋りたいと思います。

いったい誰が得するんだろうね笑

まぁ、気にせず進めます。

 

一応断っておきますが、以下全て主観です笑

ですが、きっと読み終わった頃には

中島みゆきが聴きたくなると思いますよ!

 

 

 

 

1.柊あおい

主な作品:星の瞳のシルエット耳をすませば

 

中島みゆき楽曲の中でも、「空と君のあいだに」には

柊あおい作品がとてもよく合います。

この曲は強い歌声の印象がありますが、

実は歌詞はめちゃめちゃ少女マンガです

 

君が涙のときには 僕はポプラの枝になる

孤独な人に つけこむような事は言えなくて

君を泣かせたあいつの正体を 僕は知ってた

ひきとめた僕を 君は振り払った 遠い夜

 

もう最初の4行からコレです。

柊作品に登場する男子が言いそう。めっちゃ言いそう。

しかも主人公と結ばれない方の男子ね。

男子目線のモノローグとかで語られて

読んでる女子がキュンってなるやつね。

 

 

好きな子が目の前で泣いてるんだけど

あいつのせいだってわかってるんだけど

寂しさにつけこめるほど卑怯になれないんだよね。

そうゆう優しくて不器用な男の子の歌なんですよ。

ほんと幸せになって欲しい。

 

 

しかもこの子サビまで来るとこんな事を言い出します。

 

君が笑ってくれるなら 僕は悪にでもなる

 

 

卑怯者にすらなれないのに!!!

だめだよ無理しないで!!

 

だいたい2番のAメロで

 

憎むことでいつまでも あいつに縛られないで

 

って言ってるような

真っ白な心の持ち主は、悪にはなれないよ!!

ほんと無理しないで

 

 

しかしこうまでしても主人公は別の男とくっつくんだよね…

ほんと頼むから番外編とかで幸せになってほしい。

 

 

2.矢沢あい

主な作品:天使なんかじゃないNANA

 

矢沢あいがよく合うのは、名曲「悪女」。

インパクトの強いタイトルをいい意味で裏切るように

優しいイントロから始まる、言わずと知れた名曲です。

 

なぜ矢沢あいかと言うと、

悪女の歌詞に出てくる女の子の行動に着目するとわかります。

 

  • 男と遊んでるアピールのためにマリコに電話する
  • でもマリコが忙しいからそうそう付き合わせられない
  • 仕方なく暇つぶししてるけど映画も早く終わっちゃうしホテルのロビーで座ってるのも飽きた
  • 男物の香水を深夜の喫茶店でつけてわざと朝帰りする

 

なんだこの娘

とんでもないかまってちゃんじゃないか!笑

 

 

でもこんな感じの娘どっかで見たことあるぞ??

…そう!矢沢あいの漫画に出てくるわ!!こうゆう感じの娘!!笑

 

 

矢沢あい作品の主人公は

嫉妬したり見栄をはったり素直じゃなかったり

わりと誰もが持ってる醜い部分も描かれている事が多いのですが

その分話が進むに連れて

内面が成長していく様子も描かれることが多いと思うんですよねー

 

 

「悪女」のサビの歌詞はこうです。

 

悪女になるなら月夜はおよしよ 素直になりすぎる

隠しておいた言葉がほろり こぼれてしまう 『行かないで』

悪女になるなら 裸足で夜明けの電車で泣いてから

涙ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて涸れてから

 

悲しみを知って強くなるんだよね…うんうん!!

それが成長ってやつだよね!!そうして大人になるんだよね!!

うんうん!!

 

 

そして2番まで来ると

謎解きのように用意されたこんな歌詞が出てきます。

 

涙も捨てて 情けも捨てて

あなたが早く 私に愛想をつかすまで

あなたの隠す あの娘のもとへ

あなたを早く 渡してしまうまで

 

あのかまってちゃん行為はこの為だったんだ…!!!

悪女どころか優しすぎて痛々しい(泣)

 

 

中島みゆきの歌詞に出てくる「悪」には

自分が悪を演じることで誰かを守るような

不器用な優しさが含まれているんです

 

そして矢沢あいの作品にも、

最終的にはそういう類の優しさを身につけて

大人になるキャラクターがたくさんいます。

 

この組み合わせ、是非セットで楽しんでみて欲しいです。

ただし月夜にやると涙止まらなくなるのでご注意を。笑

 

 

 

3.紡木たく

代表作:ホットロード

 

 

紡木たくの代表作ホットロードは30年ぐらい前の漫画なんですが

3年ほど前に実写で映画にもなっていたので

ご存知の方も多いことでしょう。

 

不良少年と不良少年に恋する少女の話なんですが

この不良少年のハルヤマがもうほんとかっちょいーんですよ

詳しくは原作読んでください笑

 

 

そして、紡木たく

というより、もはやホットロードがよく合う中島みゆきの曲は

狼になりたい」です

 

 

この曲の主人公は孤独を抱えた不良少年で

歌詞もその少年目線で書かれているのですが

始めて聴いた時はその表現力に鳥肌がたったのを覚えてます。

 

 

確かに中島みゆきが歌っているはずなのに

少し大人びた少年が寂しい目で歌ってるような映像が

頭の中に勝手に出てくる感じ。ほんとにすごい。

すごすごる、中島みゆき

 

 

そして、この時頭の映像に出てきた不良少年が

ホットロードのハルヤマだったんです。

正確に言うとハルヤマにちょっとだけ

北斗の拳のバット足した感じの少年だったのですが

そんな細かい事はどうでもいいね笑

 

 

 

夜明け間際の吉野家では

化粧のはげかけたシティーガールと

ベイビィフェイスの狼たち

肘をついて眠る

 

「狼になりたい」の冒頭の歌詞です。

この4行だけで既にいろんな絵がブワーッと広がってきません?

 

 

向かいの席のおやじ 見苦しいね

ひとりぼっちで見苦しいね

ビールをください ビールをください

胸がやける

 

さらに2番のAメロ。

 

明け方の吉野家

オールで遊び疲れた若者と、

仕事でよれよれになっているおじさん

そしてこの少年。

 

 

このなんとも言えない

虚無感、静寂、孤独、疲弊感なんかを

乱暴に混ぜたような空気を

とても繊細な歌い方で見事表現しきっているのが

この「狼になりたい」が名曲たる所以です。

 

そしてこのなんとも言えない空気、

ホットロードにも通ずるものがあります。

 

私は88年生まれなので直接経験してはいないのですが

時代や世相が反映された事による共通項かなと感じます。

 

 

そして2番のAメロの次はこうです。

 

 

人形みたいでもいいよな

笑えるやつはいいよな

みんないい事してやがんのにな

いい事してやがんのにな

ビールはまだか

 

 

遊び疲れた若者を見て羨望感を感じ

よれよれのおじさんを見て「見苦しい」と思いながらも

そうまでして働ける居場所がある事にも羨望感を感じ、

自分のおかれてる状況とつい比較してしまう。

 

そこからの

「ビールはまだか」

 

胸が詰まっちゃうね。

 

 

 

是非原曲を聴いてほしいのですが、

この「ビールはまだか」から

歌い方がかなり衝動的になります。

 

この曲に限らずですが、

中島みゆきの曲はサビの歌詞が全部一緒なのに

歌い方だけでそれぞれ変化をつける

というすごい事を平気でやっています。

 

 

ね、ほら

聴きたくなってきたでしょ、中島みゆき

 

是非その際はホットロードも合わせて読んでみて下さい。

ハルヤマがボンタンのポケットに手突っ込みながら

吉野家の硬い椅子でうなだれてこの曲を口ずさむ絵が

浮かんでくると思いますよ!

 

 

 

 

さてさて

いかがでしたでしょうか

中島みゆきによく合う漫画家3選。

 

本当は3選と言わずもっとやりたいのですが笑、

気付けば深夜なので、また別の機会に。笑

タイトル

ハロー!

いつも行くカフェの定休日わかってるくせに

今日が何曜日かいまいち把握してないばっかりに

店の前で定休日の看板を見て落ち込みます。

mottzです。これでも社会人です。

 

本気で不労所得を得たいがために

とりあえずブログを始めてみました。

労働が嫌でたまりません。そうです社会人です。

 

とは言えハウツーが何もわからないので

習うより慣れろ戦法です

動機不順、作戦ゼロ、ザ見切り発車!

 

これでも社会人です笑

 

 

初回なので自分の説明を。

 

 

mottz(読み方:もっつ)

サッポロシティで働くしがないカイシャイン。

趣味カフェ喫茶店めぐり、特技ひとりカラオケ

生活の中心はバンド活動です。

4ピースガールズバンドTHE GOCARTZ(ザ・ゴーカーツ)

ベースボーカル/ほとんど作詞/わりと作曲担当

 

 

 

と、ゆーわけでまずは日記感覚ですが

お付き合い頂けると嬉しいです。

 

 

 

 

ところで最初に書くブログのタイトルが

まんま「タイトル」なんてふざけた奴だとお思いでしょうね

 

私もそう思います笑

 

 

大事ですよね、タイトル。

ブログでも絵画でも曲でも映画でも、なんにでも

タイトルがつきます

 

 

私は作詞をするので、

日頃「タイトルをつける」という行為をよくします。

 

コレをテーマに詞を書きたい!!タイトルはこれ!!

となる場合と、

 

出来上がってから

あーこの詞のテーマはどうやらコレだからタイトルは…

となる場合があるのですが

 

私の場合、だいたい後者で付けるタイトルは微妙です笑

うわ…私の作ったタイトル…ダサすぎ…!?

ってなります笑

 

そういった自分の経験則からか、

音楽を聴く、映画を見る、本を読むなどのあらゆる場面で

"この作品はタイトルありきかどうか"

を結構気にします。

 

そして十中八九、

タイトルありきで多くの作品を作っている人ほど

先天的(ひらたく言うと天才)です。

 

最近私がハマっている界隈で言うと

岡崎体育がまさにこの先天的タイプ。

 

 

「この人は凄い!」とか「天才だ!」と思われる人に

共通しているなと思う事があって、それは

 

ひらめきをそのままゴールにできる

 

ところだと思うんです

 

 

天才だろうが凡人だろうが、

少しの意欲さえあれば日常の中で

多少の「ひらめき」は結構な頻度で訪れます。

 

いーことおーもいつーいたー♪

ってやつですね。よくあります。

 

そのひらめきを実行した時に

思いついた時と同じ形で出来上がるのか否か

が最大の問題点。

 

 

作詞の話に戻りますが、

詞を作り始める時はいつも絶対

「コレをテーマに書きたい!!」から始まります。

 

そうすると全曲タイトルありきで出来るのが普通だと思いますよね

でも、そうはいかない。

 

作ってる間に自分でも思わぬ方向にブレるんです

大事に育てたはずなのにいつの間にかグレた娘に

どう話しかけたらいいかわからない父親の心境です

 

そうして出来上がった頃には

あーこの詞のテーマはどうやらコレだから…

ってなります。

 

その時、最初に思っていた「これをテーマに!」の

テーマだったはずの部分は

1番のAメロか2番終わった後のCメロぐらいにそっと居座ります笑

 

 

 

逆に、「これをテーマに書きたい!!」

と思ったことが真っ直ぐ貫かれると

それがそのままタイトルになるんです。

 

 

そう、なので

タイトルありきの作品が多い人イコール

最初のひらめきをそのままゴールに出来る人

とゆーわけなのです。

 

 

 

これからブログを始めるにあたって

タイトルが微妙だなと思ったら

それはブログ書いてる途中に

思わぬ方向に話が飛んでいった証拠です笑

 

勘づいてしまった方は

ああ、この人は今難しい年頃の娘を持つ父親と同じなんだな

と思って下さい笑

 

それではどうぞ

これからよろしくおねがいします