テンプレートな個性ですが。

働きながらバンドやってる人がなんか言ってるブログ。ロック、コーヒー、本、とか。

抽選式ひとりカラオケのススメ ~導入編~

ハロー!mottzです!

 

なんかいろいろあって仕事も続けられそうなので

不労所得とか言ってないで真面目に働けって感じの最近です🗽

しかしblogはせっかく始めたので

これからは気楽にいろんな事を書こうかなって😽

そう、節操なく!節操なくね!笑

 

 

と、ゆーわけで今回は

私の孤高の趣味である『ひとカラ』について

普通より100倍楽しめる方法を伝授します💁

節操なくね!笑

 

 

■抽選式にすると楽しい!!

 

ひとカラの最大の魅力は

「この曲誰も知らないな…」とか

「流れ的にバラードじゃないな」とか

その他もろもろの空気を全く読まずに

自分の好きな曲を好きなだけ歌えるところですね!

 

しかしながら、どうしても歌う曲が偏るのも事実。

 

反面、誰かとカラオケに行くと稀に

「あ、そんな曲あったねえ!」とか

「わーこのバンド懐かし~!同じ時期セットでこれもいたよね」

とかいう感動の再開がありえます。

 

そこで気付いたのです。

自分の歌える曲をかたっぱしからリスト化して

くじで引くと楽しい!!!!

という事を笑

 

普段歌わない曲も組み込めるどころか

自分の意志じゃないから、

誰かからリクエストされた気分にすらなれます!笑

 

とてもオススメ✌

 

 

■STEP1 時代はスマホアプリ

 

まず最初に試みたのは、

スマホアプリのくじ引きを使う方法です。

 

アプリをインストールしてひたすら曲名を入力。

私はわりと狂信的なGLAYファンなので

まずはGLAYの曲でリスト作成を試みます。

ネットで探せばお気に入りの機種の曲目がすぐ出てきますので

それを参考にあいうえお順で作ります。

 

ところが思わぬ障害が。

 

だいたいどのアプリも

途中までくじを引いた状態を保存できない!!

ので、1度アプリを落としてしまうと

同じ曲を引いてしまう可能性が!!

 

これはダメ。ダメウーマン。

致し方ないので、引いたくじの曲名を都度削除していきましたが…

それだとせっかく作ったくじ箱が毎回作り直しになる!!

なんて非効率。効率大事。

効率を無視していいのは芸術家と職人だけ。

 

実は抽選状況を保存できるアプリも

この時点で見つけてはいたのですが、

そちらは数字のランダム抽出しかできず

曲名が入れられないため

一旦この方法は断念したのです😖

 

 

■STEP2 昭和生まれは黙ってアナログ

次にアナログ式を試みました。

 

100均のおもちゃ売り場にある書き込める式の抽選くじと

適度な大きさでポケットがついたポーチを買って

ひたすら曲名を書いてポーチに入れる→

引いたやつはポケットに入れていくという方式です。

 

MacBook Pro広げてるノマドワーカー様に混じって

ひたすらTully'sで抽選くじの準備。笑

 

しかし100枚ぐらい書いたところである気付きが。

字書くのめんどい。笑

 

わたし昭和生まれだけど

小学生の頃からPCあったし

中学生の頃はみんなケータイもってたし

仕事もほとんどPC入力だし

些細なメモ書きしたやつすらデータにして紙は速攻捨てるから

普段から走り書き走り過ぎてるし…

時間経ったら自分でも読めないから

なるはやで入力するレベルだし…

 

 

 

あと実際に使う時のことを想像したらダメですね。

まずかさばる。

あとカラオケ屋で1人でくじ広げてる感じ割と謎だし恥ずかしい。

 

物事始める時着地考えて始めるのが普通の社会人なんですけどね。

まあその辺りはバンドマンだからってゆーことで言い訳しておこう

 

 

うーんやっぱり文明の利器は頼るべき。

新しい文明が出るとそれ以前には戻れないの。

時間が遡らないのと一緒でね👴

 

 

■答えは最初に出ていた

 

かくなる上はexcelを使おう!

曲リストさえ作っちゃえば、

あとはRANDとRANK使って並べれば

抽選の雰囲気は出ないけど

とりあえずランダムに並べる事はできるぞ!!

最初の1回目でもう全部決まってる感出てワクワクさは減るけども!

この際これが1番の方法なはず!!!!

 

と思った所で思い出したのです。

そう、STEP1で見つけていた、

唯一状態保存ができるこのアプリ。

 

数値抽選

数値抽選 - Google Play の Android アプリ

 

 

これを最初に見かけた時はこう思っていました。

 

ひとカラは回転率が高いから…

くじを引く→

GLAYだけでも300ぐらいある曲リストからその番号を探す

のはとても億劫…だし、

探してる間にDAMチャンネルとか流れたら萎える。

やっぱこうゆうのはテンポ感が大事なのよね🙀

 

と。 

 

 

excelでvlookupじゃん!!!!!!

excelで!!!!!!!

vlookupじゃん!!!!!!!!!

 

 

※一応解説を入れると、

RAND:

作ったリストにランダムで数字あてるやつ。

でもファイル閉じて開く度ランダムなので、

同じ曲が1番になる可能性がある。

 

RANK:

1回つくったランダム数字をランク順にしてくれるやつ。

これでランク付けしたやつを値で貼っとくと

何回開いても同じ順番でデータ見れる。

 

VLOOKUP:

ここに35番って入力したら

35番の曲名ここに出してねってやつ。

 

 

 

数字で抽選してvlookupですよ!

もう気が付いた瞬間にスマホ揺れるぐらいexcel編集。

充電ねえ。ふざけんな。

 

 

で、実際できあがったのがコチラ

 


f:id:mottz-sgt-pepper:20170823204701j:image

 

赤いところに抽選した数字を入れると

黄色いところにその番号が降られた曲名が出てくる仕組みですね😇

 

これであれば

  • 状態の保存
  • 手軽さ
  • 速さ
  • ワクワク感

全て補えます!!

 

 

 

これは素晴らしい!マーベラスだ!

仕事中サボってるふりして

excelハウツーのブログばっか見てた

2年ぐらい前の自分good job!

あでも仕事に使えない関数ばっか見てたから結局サボってたわ!笑

 

 

■とゆうわけで

次回より実況形式で

使ってみた編にしようと思っていたのですが

えらく面倒なので気が向いたら書きます笑

 

もう完全にblogで稼げる練習しようとかどっか行きました笑

好きに生きようぜ、好きにな!笑